よくあるご質問FAQ

入学後のコース変更はできますか?
できます。1年次では通学コースで、2年次からは時間割コース等に変更することが可能です。
登校することが難しいため、通信コースを選択したいのですが、レポートは全て自分で勉強しなければならないのですか?
通信コースは、自宅で教科書を使ってレポートを進める学習を基本として高卒資格取得を目指すコースです。レポートで分からないことなどは毎月所定のスクーリング日に登校して教わることができます。
通学コースは毎日登校しなければならないのですか?
通学コースは毎日登校してもいいですし、登校しなくてもOKです。平日の10時~16時の時間内で登校する日、時間を自由に決めてください。
メイクの授業に興味があるのですか、学ぶことはできますか?
学べます。時間割コースはあなたの「やりたいこと」を学びにするコースです。現在設定がないコース授業も自由に作ることができますので、お気軽にお問い合わせください。
何年間で卒業ができますか?
卒業に必要な最低在籍期間は3年間になります。転入学や編入学の方は、前籍校の在籍期間を半年ごとに引き継ぐことができます。この点については、個人の履修状況に違いがありますので、必ずお問い合せください。
転校を考えていますが、現在の高校で取得した単位はどうなりますか?
本校の卒業単位数は3年間で74単位です。例えば、現在通われている高校で30単位を取得していた場合は、本校で残りの44単位を取得することで卒業になります。また、すでに高校を退学してしまった方も前籍校で取得した単位は引き継げますのでご安心下さい。この点については、個人の履修状況に違いがありますので、必ずお問い合せください。
卒業後は大学に進みたいのですが、受験対策はどうなっていますか?
大学進学希望者は個別に受験対策のアドバイスを行っています。基本的には自学自習での受験勉強になります。学校推薦型選抜試験、総合型選抜試験の対策も希望者には行っています。指定校推薦枠もあります。
学費のことで悩んでいます。
学費に関しては、原則として一括でのご入金をお願いしていますが、それぞれご事情があると思いますので、申請が必要になりますが、年間最大4回まで(4月~12月)の分割納入が可能です。また、各種奨学金や各種教育ローンの利用も可能ですのでお気軽にお問い合せください。
また、国の就学支援金制度を利用できます。(ご家庭の年収状況により就学支援金の支給額は異なりますが)入学年次には就学支援金制度利用分の立替が必要になりますが、3年次の就学支援金支給分を卒業時に返金いたします。就学支援金についての詳細は校舎にお問い合せください。
入試はどのような内容ですか。
入試は面接と作文です。面接では、本人の考えや意見、家庭での様子や方針などを質問しています。 作文は、出願時に受験票とともにお渡ししますので、テーマに沿った作文を自宅で書いてきて、入試当日に必ず持参してください。提出した作文の内容について面接時に質問します。
フルタイムで仕事をしていますが仕事と両立することはできますか?
通信コースをお勧めします。通信コースは、年間の登校が15日前後(スクーリング・テスト)ですので十分に両立することが可能です。
通学用の学割定期は買えますか?
はい。もちろん買えます。
高卒資格認定試験を受験するか、通信制高校に入学するか悩んでいます。
高卒資格認定試験は高校を卒業していない方(卒業見込みを除く)が、大学、短大、専門学校を受験するにあたり必要な試験ですから、各科目で合格しても高校卒業資格にはなりませんので学歴にはなりません。その点、通信制高校は高校卒業資格を得られるので学歴として残りますし、推薦入試での受験の機会もあります。
TOP